Vintage 1980's Bausch&Lomb RayBan Wayfarer Sunglasses -Made in U.S.A.-
Black [50-22]

24,200円(税2,200円)

購入数






【Bausch&Lomb】
アメリカ本国ではShuron (シュロン)、American Optical (アメリカンオプティカル) と並び、Bausch&Lomb (ボシュロム) は三大眼鏡メーカーのひとつとして、絶大な信頼を集める伝統的メガネメーカーです。

Bausch&Lomb (ボシュロム) は、1853年、アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスターで、眼鏡職人のジョン・ボシュと家具職人のヘンリー・ロムによって設立。

1876年、顕微鏡の製造を開始。その後、写真レンズ (1883年)、眼鏡レンズ (1889年)、ミクロトーム (1890年)、双眼鏡、望遠鏡 (1893年)と製造を拡大。1892年からは、光学レンズを生産。19世紀末には、眼鏡、顕微鏡、双眼鏡のほか、映写機、カメラレンズ、カメラ用絞りなども製造。

20世紀初頭になると、セオドア・ルーズベルト大統領下でのアメリカ陸軍・海軍の増強に伴い、軍と提携。ボシュロム社は光学測定用の高精度レンズの製造を開始しました。

第一次世界大戦により、携帯用双眼鏡、レンジファインダー、カメラレンズ、双眼望遠鏡、サーチライトミラー、魚雷管照準器、潜望鏡などの光学機器が必要となったため、製品の範囲を大幅に拡大。

1930年代には同社の総生産量の70%を軍需品が占めておりました。
1936年、陸軍パイロットのためにサングラスを開発し、「RayBan "レイバン"」というブランド名としました。

RayBan "レイバン" とは、「光線を遮断するという意味」。
「光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」が設立時の基本コンセプトで、「紫外線100%カット」をはじめとする機能性重視のモデルが多かったが、1999年以降は斬新なデザインを売りにした人気モデルを数多く誕生させました。









1986年、RayBan (レイバン) は、アメリカン・ファッション・デザイナー協議会から『The World's Finest Sunglasses』 (世界最高級のサングラス) の称号を獲得。

今では世界的に最も有名なサングラス・ブランドのひとつで、世界中のセレブリティをはじめ同ブランドの愛用者は多いです。

現在では、ボシュロム社は、コンタクトレンズの最大手メーカーの一つとして、グローバルに事業を展開する企業へと発展。
Bausch&Lomb (ボシュロム) はアメリカが世界に誇る、老舗アイウェアメーカーです。









■Brand : Bausch&Lomb -Made in U.S.A.-
■Style Name : Vintage 1980's B&L RayBan Wayfarer Sunglasses -Made in U.S.A.-
■Color : Black
■Size : 50-22 (レンズ横幅50mm × レンズ縦幅40mm × フロント横幅14.2cm × テンプル14cm)









今では希少な1980年代のアメリカ製Bausch&Lomb (ボシュロム)社メイドのWAYFARER 「ウェイファーラー」が入荷。

WAYFARER 「ウェイファーラー」は歩いて旅をする「旅行人」というネーミングで、1952年に初めてリリース。
その後、爆発的な人気を博し、現在では世界で最も有名なサングラスの1つとされております。









「ウェイファーラー」と言えば、フロントの急な傾斜が大きな特徴です。
フロント部分に傾斜角をつけ、前傾気味にすることで着用時の横顔を美しくみせてくれます。
また、先端にかけて太くなっていく極太のテーパーテンプルも非常に魅力的でさらに惹き立ててくれます。



※写真↓はウェイファーラーを愛用するEthan Hawke (イーサン・ホーク)






ボリュロム製のレイバンウェイファーラーにも2種類あり、前期 (〜80年代) と後期 (90年代〜) でテンプルのヒンジデザインが変わります。

今回入荷のモデルは80年代の希少な前期のウェイファーラーになります。









前期はテンプルのヒンジデザインがフロントと同様のミニマルデザインになっております。
後期になるとテンプル外側にブランドロゴの"RayBan"プレートが付きます。








1999年に、イタリアのルックスオティカに売却され、生産ラインはイタリアへと移り、Made in U.S.A.のボリュロム製ウェイファーラーは廃盤となります。

99年からテンプル内側に"Made in Italy"と入るウェイファーラーとなり、テンプルヒンジもボシュロム製後期で採用されたブランドロゴの"RayBan"プレートのデザインが継承されております。











近年では日本人の顔にフィットするように傾斜角を弱めに調整したモデルもリリースされていますが、強めの傾斜角を好むこだわり派の方はこちらのアメリカ製オリジナルウェイファーラーを是非。


















2019年公開映画、The Gentlemen『ジェントルメン』でヒュー・グラント (Hugh Grant) がWayfarerを着用しております。











【Condition】
A : 傷の少ない綺麗なコンディションになります。





« VINTAGE CONDITION RANK »
S : デッドストック-新品
A : 年代を感じさせない綺麗なビンテージ品
B : 年代を感じさせる傷・汚れが多少あるが目立たないビンテージ品
C : ヴィンテージ品特有の傷・汚れがみられるが使用に問題のない商品
D : 傷・汚れのひどいビンテージ品