Vintage 1980's Savile Row 14KTRG Oval Eyeglasses [47-20] -Made in England-
Oval Shape

41,800円(税3,800円)

購入数






【SAVILE ROW by Algha Works】
「Savile Row (サヴィルロウ) 」は、イギリスのロンドンの歴史ある工房Algha Works (アルガワークス) が手掛けるオリジナルブランド。

工房Algha Works (アルガワークス) は、創業1932年。
40年代に入るとイギリスでは、国営医療保険制度 (NHS) が誕生。政府は医療品として眼鏡を国民に支給したが、その制作をAlgha Worksに依頼。デザインや素材の品質、価格などの規制を課せられたが、Algha Worksにとってそれは工場の技術向上にも役立ちました。

その後、50年〜70年代初期までAlgha Worksは、NHSから安定的な大量受注を受け、400バリエーション以上の眼鏡をNHK向けに生産。








80年代に入ると工房は大きな転換期を迎える。
イギリス政府が、NHSから国民への眼鏡の無償提供を廃止。

これにより経営が悪化したAlgha Worksは、伝統的な工房を後世に残す意味を鑑みて、米国のAmerican Optical (アメリカンオプティカル) 社に買収される。このAmerican Optical社から1988年、Algha Worksの技術の結晶をブランド化して売り出そうという戦略が生まれ、"Savile Row" (サヴィル ロウ) という名のブランドが誕生しました。









1996年、American Optical社は経営悪化により、Algha Worksを手放すことになったが、歴史あるこの工房を救おうと今度はイギリスの眼鏡会社が手を挙げ、Algha Worksは本国へと買い戻されることとなりました。

Algha Worksは、再び小さな工房としてスタートし、「Rolled Gold」という伝統的な製法を受け継ぎながら、Savile Row (サヴィル ロウ) というブランドを現在も作り続けております。










Algha Worksの丸メガネ「Panto (パント)」は故ジョンレノンがこよなく愛したことで知られ、同じくビートルズのPaul McCartney (ポール・マッカートニー) もAlgha WorksのPantoを愛用しておりました。










現在ではジョニーデップも愛用するなど、数々の著名人が使用したことでも知られております。










■Brand : Savile Row by Algha Works -Made in England-
■Style Name : Vintage 1980's Savile Row Oval Eyeglasses
■Color : 14KT Rolled Gold
■Size : 47-20 (レンズ横幅47mm×レンズ縦幅39mm、フロント横幅12.7cm、テンプル13cm)









イギリスのロンドンで80年以上の歴史を持つ工房「Algha Works(アルガワークス)」。
そしてこの工房が80年前当時と同じ方法で作り続けているのが工房オリジナルブランドである「SAVILE ROW(サヴィルロウ)」。









古きはジョン・レノン、そして次世代ではジョニーデップが愛する丸メガネ「PANTO (パント)」の縦幅を短くした珍しい楕円形-Oval Shape (オーバルシャイプ)のモデルが入荷。










サヴィルロウ「パント」はAOに買収されてから1988年、工房オリジナルブランドとして誕生することになりますが、このモデルの原型は、1930年代からイギリスで支給されていました。









というのも、ジョン・レノンが掛けていた丸メガネ。
これはそもそもイギリス政府から支給されたメガネのようです。









イギリス政府が国を上げて保険制度を充実していたことから、目の悪い人向けにメガネが支給されていたのが、ジョン・レノンが使った始まりのようです。









その政府からの制作を担っていた工房がAlgha Works (アルガワークス)」です。

熟練の職人による、140以上の工程をすべて手作業で製作することで、独特な風合いと特徴が完成していきます。
ほとんどの眼鏡会社が外注を行うような、小さな部品に至るまで、自社で一から生産。
本物のクラシックと呼ばれる理由がここにあります。
















1988年、工房Algha Worksの技術の結晶として誕生したブランドが、この”Savile Row" (サヴィル ロウ) になりますが、その誕生当初の80年代から90年代頃のビンテージフレームになります。

テンプルヒンジをフロント上部に配置した「Ful-Vue」スタイル。
左テンプルに "FRAME MADE IN ENGLAND"、右テンプルに "SAVILE ROW"、ブリッジ裏には "SR" (Savile Row) "14KTRG" (14金 Rolled Gold) の刻印がしっかりと刻まれております。



-Rolled Gold製法-
通常ゴールドのメガネには、24金は柔らかすぎるため使用できず、金属を混ぜて14金や18金で作るか、金のメッキ加工を施しております。

しかし、Rolled Gold (ロールド・ゴールド) 製法では、24金の輝きを保ちつつ耐久性にも優れたゴールドを作ることが可能。宝飾業界から生まれたこの加工技術は、合金の芯の回りに8から10ミクロンの14金を巻き、その上に24金のコーティングを計6回も施して0.5ミクロンの24金の層を作るというもの。

3構造のゴールドはこの製法により完全に一体化して、曲げた時にも合金の芯にそって曲がり安定感が得られる。加工した直後は太めの棒状のRolled Goldは、コイルに操り返し巻くことで細いワイヤーにしメガネのパーツに使用する。同じくRolled Gold製法で、一番外側の24金の代わりにロジウム (プラチナ仕上げ) の層を使用したシルバー色も展開しております。




Savile Row (サヴィル ロウ) は、このAlgha Worksの伝統的な製法"Rolled Gold"によって生み出された一級品。
14金が使用された工房アルガワークス最上級のフレームになります。
















【Condition】
A : 傷の少ない綺麗なコンディションになります。
→レンズは入っておりませんので、フレームのみの販売となります。








« VINTAGE CONDITION RANK »
S : デッドストック-新品
A : 年代を感じさせない綺麗なビンテージ品
B : 年代を感じさせる傷・汚れが多少あるが目立たないビンテージ品
C : ビンテージ品特有の傷・汚れがみられるが使用に問題のない商品
D : 傷・汚れのひどいビンテージ品