Vintage 1970's Halo Optical "USS" Military Official G.I. Glasses Black 50-20
アメリカ軍官給品 -United States Safety Service-

18,700円(税1,700円)

購入数

GI Glasses <アメリカ軍 "USS" ミリタリー眼鏡 >

軍用語で用いられる "GI" とは、アメリカ陸軍の兵士の俗称です。
「G. I. shoes=兵隊靴」というように、官給品 "Government Issue" の略語として用いられております。









軍に官給されていた「G. I. glasses=兵隊眼鏡」のオリジナルバージョン(最初期タイプ)は、第二次世界大戦中に防毒マスクで使用するために設計されたようです。ケーブルテンプルとワイヤーフレームで構成され、レンズは「P3」を搭載。デザインはイギリス軍によって使用されたスタイルの修正でした。









第二次世界大戦後、材料はニッケル合金ワイヤーからセルロースアセテートに変更されました。
初期はグレーカラーのセルロースアセテートが採用されておりました。
タートのアーネルを思わせるウェリントンシェイプにダイヤ型のリベットが特徴です。















このグレーカラーのセルロースアセテートモデルは1968年に廃止され、その後はブラックカラーのセルロースアセテートへ変更となります。









1970年代後半からは "S9" と呼ばれる茶色のセルロースアセテートモデルに再設計されました。











■Manufacturer : Halo Optical / United States Safety Service Co.
■Style Name : Vintage 1970's "USS" Military Official G.I. Glasses
■Color : Black
■Size : 50-20 (レンズ横幅50mm × レンズ縦幅38mm、フロント横幅13.9cm、テンプル14cm)











"USS" -UNITED STATES SAFETY SERVICE-
アメリカ軍用に官給されていたG.I. (Government Issue=官給品) フレームには"USS"の刻印が入ります。
American Optical、Tart Optical、Bausch&Lomb、Shuron、Romco、Haloなどの当時の一流米国眼鏡メーカーが生産を請け負い、目の悪い米兵、また軍事務局に勤める人々など、軍関係者に支給されていたモデルです。






軍官給の米軍G.I.グラスが入荷。
年代によって色やディティールが全く異なる軍用"USS"フレームですが、こちらは1960年代終わり頃から1970年代頃に採用されていたモデルになります。

以前のモデルから色がグレーセルロースからブラックセルロースに変わり、ディティールもスクエア型に大きく改変されました。








両フロント・両テンプルにつく飾りもダイヤ型から四角いカシメに変わっております。
またフレームも太くなり、より頑強にアップデートされ、いかにも軍用といった無骨な雰囲気をまとっております。


サイズも当時のXLサイズに当たる50mmサイズ。
日本人男性には嬉しいボリュームでサングラスにしても相性が良いサイズです。










写真↓は2020年に公開されたNetflixオリジナル映画『シカゴ7裁判』(The Trial of the Chicago 7)の1シーン。

内容はベトナム戦争の反対運動に端を発し、抗議デモを企てたとされ逮捕、起訴された7人の男〈シカゴ・セブン〉の衝撃の裁判を描いた実話に基づくストーリー。

劇中リチャード・シュルツ検事を演じたジョセフ・ゴードン=レヴィット (Joseph Gordon-Levitt) がこのUSS軍用GIグラスのブラックセルを着用しているのが見受けられます。













【Condition】
B : 傷の少ない綺麗なコンディションになります。
→レンズは入っておりませんのでフレームのみの販売となります。







« VINTAGE CONDITION RANK »
S : デッドストック-新品
A : 年代を感じさせない綺麗なビンテージ品
B : 年代を感じさせる傷・汚れが多少あるが目立たないビンテージ品
C : ビンテージ品特有の傷・汚れがみられるが使用に問題のない商品
D : 傷・汚れのひどいビンテージ品