Vintage 1950's Bausch&Lomb "USS" Military Official GI Glasses Gray Smoke [46-22]
アメリカ軍官給品 -United States Safety Service-

46,200円(税4,200円)

購入数

GI Glasses <アメリカ軍 “USS” ミリタリー眼鏡 >

軍用語で用いられる”GI”とは、アメリカ陸軍の兵士の俗称です。
「G. I. shoes=兵隊靴」というように、官給品“Government Issue”の略語として用いられております。





軍に官給されていた「G. I. glasses=兵隊眼鏡」のオリジナルバージョン(最初期タイプ)は、第二次世界大戦中に防毒マスクで使用するために設計されたようです。ケーブルテンプルとワイヤーフレームで構成され、レンズは「P3」を搭載。デザインはイギリス軍によって使用されたスタイルの修正でした。





第二次世界大戦後、材料はニッケル合金ワイヤーからセルロースアセテートに変更されました。
初期はグレーカラーのセルロースアセテートが採用されておりました。
タートのアーネルを思わせるウェリントンシェイプにダイヤ型のリベットが特徴です。











このグレーカラーのセルロースアセテートモデルは1968年に廃止され、その後はブラックカラーのセルロースアセテートへ変更となります。





1970年代後半からは”S9”と呼ばれる茶色のセルロースアセテートモデルに再設計されました。








■Brand : Bausch&Lomb / USS -United States Safety Service-
■Style Name : Vintage 1950's-60's B&L "USS" Military Official GI Glasses
■Color : Smoke Gray
■Size : 46-22 (レンズ横幅46mm×レンズ縦幅38mm、フロント横幅13.8cm、テンプル14cm)










美しいダイヤ型のリベットが光る希少な初期型になります。

“USS” -UNITED STATES SAFETY SERVICE-
アメリカ軍用に官給されていたGIフレームには"USS"の刻印が入ります。
American Optical、Tart Optical、Bausch&Lomb、Shuron、Romco、Haloなどの当時の一流米国眼鏡メーカーが生産を請け負い、目の悪い米兵、また軍事務局に勤める人々など、軍関係者に支給されていたモデルです。






















初期型というだけでレアですが、メーカーはビックネームのBausch&Lomb社。
このネームが入るだけで価格がグンと上がり、滅多にお目にかかれません。

タートのアーネルを思わせるウェリントンとボストンの中間のような絶妙なシャイプ、キーホールブリッジ (鍵穴型ブリッジ)デザインにダイヤヒンジと、抜け目なくツボをおさえた魅力的なディティールが満載です。

また状態も美しく、デッドと言ってもいいくらいの艶のある素晴らしいミントコンディションでの入荷となります。

























1999年公開の映画『リプリー』(原題: The Talented Mr. Ripley)という作品で、主演のリプリー役を演じたマット・デイモンが着用しております。























【Condition】
A : とても綺麗なミントコンディションになります。
→レンズは入っておりませんのでフレームのみの販売となります。






« VINTAGE CONDITION RANK »
S : デッドストック-新品
A : 年代を感じさせない綺麗なビンテージ品
B : 年代を感じさせる傷・汚れが多少あるが目立たないビンテージ品
C : ビンテージ品特有の傷・汚れがみられるが使用に問題のない商品
D : 傷・汚れのひどいビンテージ品