RayBan "HEXAGONAL" Flat Polarized Sunglasses -Made in Italy-
Black [54-21]

15,400円(税1,400円)

定価 23,100円(税2,100円)

購入数

【RayBan】
RayBan (レイバン) は、創業1937年。
アメリカ空軍の委託でアメリカの企業ボシュロム社(Bausch & Lomb)が創立。
アメリカ本国ではShuron(シュロン)、American Optical(アメリカンオプティカル)と並び、RayBan (レイバン) は三大眼鏡メーカーのひとつとして、絶大な信頼を集める伝統的メガネメーカーです。

RayBan "レイバン" とは、「光線を遮断するという意味」。
「光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」が設立時の基本コンセプトで、「紫外線100%カット」をはじめとする機能性重視のモデルが多かったが、1999年以降は斬新なデザインを売りにしたモデルも多い。

1986年、RayBan (レイバン) は、アメリカン・ファッション・デザイナー協議会からThe World's Finest Sunglasses(世界最高級のサングラス)の称号を得る。

今では世界的に最も有名なサングラス・ブランドのひとつで、世界中のセレブリティをはじめ同ブランドの愛用者は多い。

Bausch&Lombの"RayBan" (レイバン) はアメリカが世界に誇る、老舗メガネブランドです。




■Brand : RayBan -Made in Italy-
■Style Name : RB3548N "HEXAGONAL" Flat Polarized Sunglasses
■Color : Black
■Size : 54-21 (レンズ横幅5.4cm × 縦幅4.6cm、フロント総横幅14cm × 総縦幅4.8cm、テンプル14cm)
■Price : 定価23,100円 (税込)








Ray-Banの六角形シェイプ、その名も”HEXAGONAL” =ヘキサゴナル。
ルックスオティカ社がスクエアでもラウンドでもないクールな形を追求し、新たに生み出されたのがこの六角形シェイプです。

さらにレンズカーブをフラットにしたクリスタルフラットレンズを初搭載。
華奢なメタルのフレームとテンプルに、フラットレンズをうまく組み合わせたのもルックスオティカ社の最先端技術が可能にしたもの。

レンズは偏光レンズを搭載。

"偏光レンズ"とは、簡単に言うと、通常のサングラスに「反射光 (Reflected Light) をカットする機能」が付いたものです。

偏光レンズは自然光などが乱反射した光をレンズ内の特殊なフィルターでカットすることで、水面や路面、車内の窓ガラスなどの反射光を抑え、快適な視界を確保してくれます。通常のサングラスでは、眩しさを軽減することしかできず、反射光をカットすることはできません。

また偏光レンズは色のついたフィルターで乱反射をカットするため、透明なレンズというのは開発されておらず、色の濃度と偏光度は比例関係にあります。そのため「色が濃い=偏光度も上がる」という傾向にあります。

運転時にストレスとなる路面からの照り返しやフロントガラスのダッシュボードの映り込みなど、運転時の様々な光をカットしてくれます。

また釣りが最も偏光レンズのアドバンテージを感じることができます。
通常は反射光でギラついた水面ですが、偏光レンズを通して見ると視界が透き通り、水面下の魚の動きまで観察することができます。








【Condition】
S : 新品 (ケース&BOX付)




« VINTAGE CONDITION RANK »
S : デッドストック-新品
A : 年代を感じさせない綺麗なビンテージ品
B : 年代を感じさせる傷・汚れが多少あるが目立たないビンテージ品
C : ヴィンテージ品特有の傷・汚れがみられるが使用に問題のない商品
D : 傷・汚れのひどいビンテージ品