CASIO "MIL-SHOCK" Mil-Spec G-Shock Military Watch -with Protector-
DW5600BB

30,250円(税2,750円)

購入数





■Brand : CASIO
■Style Name : "MIL-SHOCK" Mil-Spec G-Shock Military Watch -with Protector-
■Belt : MIL-S 46383B US Mil-Spec Nylon Strap (20mm)
■Belt Bar : 316L Stainless Steel (1.5mm径)
■Color : All Black
■Screen : 無機ガラス
■Case : 樹脂
■Accuracy (精度):平均月差±15秒
■Dimensions (H x W x D) : 48,9mm x 42,8mm x 13,4mm








■Function
・200m防水
・耐衝撃構造(ショックレジスト)
・ELバックライト(残照機能付き)
・ストップウオッチ、24時間計、スプリット付き
・タイマー(オートリピート)
・マルチアラーム・時報
・フルオートカレンダー
・12/24時間制表示切替
・報音フラッシュ機能(アラーム/時報/タイマー連動発光)









ミルスペックの特殊モデル。
軍用に納品するため、時計は”MIL SPEC”という規格を満たさなければなりませんでした。
そこで、規格を通るようにカスタムされた特別なG-SHOCKが"MIL SHOCK"です。
アメリカ軍政府が非公式に発注をかけ誕生したモデルです。







“MIL SPEC” ( ミルスペック) とは、米国防総省が制定した米軍の物資調達規格のうち、腕時計に関する規格MIL-46734Fを試験機関Garwood Laboratoriesにおいて12項目に及ぶ過酷なテストをすべてクリアしたものを言います。


またMIL SPECをクリアしていないものを独自で使用している場合も多く、特に信頼が高く安価なCASIO製は世界中の兵士に愛用されております。

日本を代表するCASIO ”G-SHOCK”が実は過酷な環境の代表格である「戦場」で使用されていることはあまり知られておりませんが、アメリカ合衆国軍兵士をはじめ、その他日本の自衛隊も含む世界各国の兵士たちから親しまれているのです。


主に「DW-5600」や「DW-6600」、「DW-6900」を着用しているのが戦場の兵士の姿から確認できます。


G-SHOCK「DW-5600」を着用する兵士達↓





G-SHOCK「DW-6600」、「DW-6900」を着用する兵士達↓





また世界の特殊部隊隊員の多くが、G-SHOCKを使用しており、その代表例として、アメリカ合衆国海軍特殊部隊『NAVY SEALs』によって採用されております。

軍人以外でもG-SHOCKは普及しており、パイロットや警察特殊部隊『SWAT隊員』にも、愛用されております。



アメリカ合衆国海軍特殊部隊『NAVY SEALs』↓






『NAVY SEALs』に所属していた実在の伝説的スナイパーを描いた映画『アメリカンスナイパー』↓





凄腕のスナイパーであるクリス・カイルを演じたのはブラッドリー・クーパー。
その腕にもG-SHOCK「DW-6600」が確認できます。



我らが誇る「G-SHOCK」の時計が過酷な戦場を生きる兵士達からどれだけ信頼されているかが数々の写真から伝わってきます。


その証拠にG-SHOCK「DW-5600」の米amazonの評価を見てみると、現役の軍人の方や退役軍人の方が多く、絶賛の声が目立ちます。




(要訳) 「私がアメリカ陸軍に入隊したとき、私たちは安い軍隊ブランドの時計を支給されました。それはひどく、 1週間も生き残れませんでした。 私は数週間後にこのカシオGショックを手に入れました。 私の小隊で同じモデルを使っているのをたくさん見ました。この時計は岩場や泥の上での数千の腕立て伏せに耐え、また数百メートルのほふく前進も生き延び、すべての泥、汗、湿気、衝撃を乗り切った。今では私と一緒にアフガニスタンにいます。 OCPユニフォームの袖口の下に付けていると快適で、あなたはそれを付けていることさえ忘れるでしょう。付けたままシャワーを浴びても、海で泳いでも問題なく稼働した。あなたがどんなライフスタイルでも生き残ることができる時計を必要とするならば、これに限ります。」








先述したように正式には"MIL SPEC"をクリアしていないものでも、そのタフさから「G-Shock」の各モデルを独自で使用している場合が多いのですが、今回入荷の通称"MIl-SHOCK"は、この米国防総省が定める厳しい"MIL SPEC"をクリアした完璧な「G-Shock」です。


ミルスペックを満たす仕様にする為にはいくつか改良を加える必要がありました。

特にベルトはナイロンストラップを引き通す為にケースを削り出す必要がありました。
ラグの部分をベルトの汎用性も考慮し、およそ20mm幅への加工が施されました。







コンマ1ミリのズレも許されない作業は人間の手では限界があり、プログラムによる完璧な機械制御をすることで加工を実現。
機械を使うことで時間を大幅にカットすることでき、正確な加工が施されました。







左が加工前、右が加工後のケース。大胆な削りだしでラグ幅20mmを確保。


しかし、まだ問題がありました。
デフォルトで付いていたバネ棒では、ミルスペックの強度には不安があったので代わりになる素材を付ける必要がありました。
そこで検討された素材が316Lステンレススチールです。







これならば錆にも強いので実用性を考えた時、最高の素材となりました。
また、デフォルトのバネ棒は中空洞ですが、これは中身が詰まっているので、強度をさらに増すことが出来ました。

そしてバネ棒より0.5mm径を細くし、ナイロンベルトも通しやすくすることが出来ました。







仕上げとして完全にステンレスのバーを固定するためにさらなる加工が施されました。
四隅に穴を開け、ハメ殺しにし、完全にステンレスバーが固定されました。




















手間と費用もかかる作業でしたが、こうして生まれたのが完璧な"MIL-SHOCK"です。







ベルトも厳しい基準をクリアしたMIL SPEC規格の「US MIL-S 46383B TYPE 3」。
ブラックナイロンボディにブラックステンレス製尾錠。

ナイロン素材の融点は250℃という航空仕様で約-28℃でも柔軟性を保つ非常に優秀なベルトです。







ベルトをナイロンストラップにすることでアウターやライナーの上からでも余計なボリュームが出ることなく着用することが可能になりました。













加えてマットブラックのプロテクターも装着しております。
全てをオールブラックで統一し、余計なデザインを廃したまさに軍用時計らしい質実剛健な佇まい。








CASIO社の誇る機能美に加え、ミルスペックの厳しい基準までクリアさせた究極なまでのオーバースペック軍用時計、それが"MIL-SHOCKです。















CORURA製のキャリーケースが付属します。
(コーデュラ®とは、ナイロンの7倍もの強度を持つ耐久性に優れた繊維で、インビスタ社の登録商標。)

中にはメンテナンス用のVESSELプラスドライバーも入っております。















【Condition】
S : 新品 (CORDURAキャリーケース・VESSELプラスドライバー・説明書付属)
→お買い上げ日から18ヵ月の保証が付きます。








« USED CONDITION RANK »
S : 新品
A : 使用感が感じられない美品
B : 多少使用感があるが、目立った汚れ・ダメージのない商品
C : 使用感があり、多少汚れ・ダメージがあるが着用に問題のない商品
D : 汚れ・ダメージのひどい商品