Vintage 1960's TITMUS "VIP SAFETY" Eyeglasses Gray Smoke -Made in U.S.A-
Z87 [48-20]

22,680円(税1,680円)

購入数
【製品詳細】
■Brand : TITMUS -Made in USA-
■Style Name : Vintage 1960's "VIP SAFETY" Eyeglasses
■Color : Gray Smoke × Clear Lens
■Size : 48-20 (フレーム総横幅13.8cm × フレーム総縦幅4.7cm × テンプル13.5cm)



【備考】
工場で働くワーカーの上級職 (VIP) 向けフレームを製造していた米国ティトマス社のセーフティーフレーム。

その名の通り会社のお偉方が工場視察の際にかけていたもの。
その威厳を示すかのように大きな飾り、通称"UFOヒンジ"と呼ばれるTITMUS特有のリベットが装飾されております。

現行の眼鏡には見られないこの年代ならではのグレースモークカラーになります。

サイズは、日本人男性向けのゴールデンサイズ "48"。
コンディションも使用感の少ない綺麗なコンディションです。
4つのUFOヒンジは新品のようにピカピカです。

クリアレンズをインストールしてありますのですぐにご使用頂けます。








2016年に公開された映画『ドリーム』(原題: Hidden Figures)の中で、NASAの職員を演じるケビンコスナーが同モデルのTITMUSの60'sセーフティーフレームを着用しております。












映画は1960年代にNASAで活躍した3人の黒人女性の活躍を描いた作品ですが、登場する眼鏡も60年代に合わせて60'sセーフティフレームを起用する徹底ぶりには関心してしまいますね。

メジャーなB&LやAOではなく、映画に登場することの滅多にない (というかこの映画が初めて?)マイナーなTITMUS社のセーフティフレームが起用されている点もたまりません。

一見引きの画では分からないのですが、アップになるとその特徴的な"UFO"ヒンジでTITMUSなのに気づきます。

NASAの職員だからUFOヒンジ...?
この映画の衣装担当の方の狙いがなんだか垣間見えたようです。







【サイズに関して】
眼鏡のサイズというとピンとこない方がいると思いますが、欧米人とアジア人では男性の標準サイズというのは規定が違います。一般的な日本人サイズは48(レンズ幅mm)-ブリッジ幅(鼻幅mm)。鼻幅は人によって違いますが20から24が主流。

欧米の男性標準サイズ規定は小さいので、こうしたアメリカのヴィンテージ物の眼鏡は42mmや44mm、46mmといった日本人男性には小さいものがほとんど。

そうした中で48mmや50mmといった日本人向けのゴールデンサイズが出でくることはめったにないのですが、当店で扱うヴィンテージ眼鏡のそのほとんどが48mm以上。サイズに関してはどの方も満足していただけるように希少なゴールデンサイズを揃えております。



【コンディション】
A : 年代を感じさせない綺麗なビンテージ品




« VINTAGE CONDITION RANK »
S : デッドストック-新品
A : 年代を感じさせない綺麗なビンテージ品
B : 年代を感じさせる傷・汚れが多少あるが目立たないビンテージ品
C : ビンテージ品特有の傷・汚れがみられるが使用に問題のない商品
D : 傷・汚れのひどいビンテージ品