【Deadstock】1950s Bausch&lomb "Willy" 2Tone Eyeglasses -Made in U.S.A.-
[48-22]

124,200円(税9,200円)

購入数

【B&L RayBan】
RayBan (レイバン)は、創業1937年。
アメリカ空軍の委託でアメリカの企業ボシュロム社(Bausch & Lomb)が創立。
アメリカ本国ではShuron(シュロン)、American Optical(アメリカンオプティカル)と並び、RayBan (レイバン) は三大眼鏡メーカーのひとつとして、絶大な信頼を集める伝統的メガネメーカーです。

RayBan "レイバン" とは、「光線を遮断するという意味」。
「光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」が設立時の基本コンセプトで、「紫外線100%カット」をはじめとする機能性重視のモデルが多かったが、1999年以降は斬新なデザインを売りにしたモデルも多い。

1986年、RayBan (レイバン) は、アメリカン・ファッション・デザイナー協議会からThe World's Finest Sunglasses(世界最高級のサングラス)の称号を得る。

今では世界的に最も有名なサングラス・ブランドのひとつで、世界中のセレブリティをはじめ同ブランドの愛用者は多い。

Bausch&Lomb "RayBan" (レイバン) はアメリカが世界に誇る、老舗メガネブランドです。



【製品詳細】
■Brand : Bausch&Lomb -Made in U.S.A.-
■Style Name : Vintage 1950's B&L "Willy" 2Tone Eyeglasses -Deadstock-
■Color : 2Tone [ブラック / キハク]
■Size : 48-22 (レンズ横幅48mm × レンズ縦幅39mm、フロント横幅13.7cm × テンプル14cm)








ビンテージ眼鏡の最高峰といっても過言ではない超極上プレミアムフレーム、Bausch&lombの"Willy" 2トーンカラーが入荷。

Bausch&lombの"Willy"にこのブラック×キハクカラーが存在すること自体あまり知られていないのではないでしょうか。

"Willy"のブラックというだけで世界的に希少価値が高く、Tartのアーネルと比較しても現存する個体数は比べ物にならないほど少なく、段違いに希少性が高いんですが、さらにブラック/キハクの2トーンカラーとなると今後当店以外でお目にかかる機会はないんではないかと。。おそらくBausch&lomb"Willy"のこのブラック/キハクカラーは国内初の入荷かと思われます。







モデル"Willy"は、現RAYBANの前身となるボシュロム社の1950年代のフレーム。
1956年誕生の名作"WAYFARER"の前身となるモデルで、ジョニーデップが愛用していることで有名です。

もともと球数が非常に少なく入手困難な50sボシュロムのレアフレームですが、ジョニーが愛用し始めた途端に価格が高騰。その希少性とあわせてプレ値の付いているモデルです。







*ジョニーデップは、「左目の視力がほとんど無くなってきていて、調光用カラーレンズを使わないと視界がぼやけて生活も難しい。」と目の疾患を公表しており、愛用するビンテージ眼鏡の全てに薄くカラーを入れた調光レンズを付けております。








TARTのアーネルを思わせる美しいシェイプとキーホールブリッジ(鍵穴型ブリッジ)デザイン。
ウェイファーラーと同一の飾り(ヒンジ)がフロントとテンプル両サイドに付きます。

先述した通り、ブラックよりも圧倒的に現存する個体数の少ないブラック/キハクのカラーに加え、 コンディションはなんと艶艶の完璧なデッドストックコンディション。
そしてサイズも大変希少な日本人には嬉しいラージサイズの48。

ブラック/キハクの"Willy"でこの条件が揃った完璧な個体は今後出てくることはないといえるでしょう。
コレクター必見のプレミアムな1本です。








【コンディション】
S : デッドストック (当時の未使用品)
→レンズは入っておりませんのでフレームのみの販売となります。




« VINTAGE CONDITION RANK »
S : デッドストック-新品
A : 年代を感じさせない綺麗なヴィンテージ品
B : 年代を感じさせる傷・汚れが多少あるが目立たないヴィンテージ品
C : ヴィンテージ品特有の傷・汚れがみられるが使用に問題のない商品
D : 傷・汚れのひどいヴィンテージ品