Vintage 1980's Bausch&Lomb RayBan "Clubmaster" Sunglasses -Made in U.S.A.-
Black [49-22]

18,900円(税1,400円)

購入数

【RayBan】
RayBan (レイバン) は、創業1937年。
アメリカ空軍の委託でアメリカの企業ボシュロム社(Bausch & Lomb)が創立。
アメリカ本国ではShuron(シュロン)、American Optical(アメリカンオプティカル)と並び、RayBan (レイバン) は三大眼鏡メーカーのひとつとして、絶大な信頼を集める伝統的メガネメーカーです。

RayBan "レイバン" とは、「光線を遮断するという意味」。
「光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」が設立時の基本コンセプトで、「紫外線100%カット」をはじめとする機能性重視のモデルが多かったが、1999年以降は斬新なデザインを売りにしたモデルも多い。

1986年、RayBan (レイバン) は、アメリカン・ファッション・デザイナー協議会からThe World's Finest Sunglasses(世界最高級のサングラス)の称号を得る。

今では世界的に最も有名なサングラス・ブランドのひとつで、世界中のセレブリティをはじめ同ブランドの愛用者は多い。

Bausch&Lombの"RayBan" (レイバン) はアメリカが世界に誇る、老舗メガネブランドです。



【製品詳細】
■Brand : RayBan by Bausch&Lomb -Made in U.S.A.-
■Style Name : Vintage 1980's B&L "Clubmaster" Sunglasses
■Color : Black × BL Original Dark Green Lens (100% UV Protection)
■Size : 49-22 (レンズ横幅49mm × レンズ縦幅42mm、フロント総横幅13.8cm、テンプル14cm)



【備考】
1986年の発売以来、根強い人気を誇るRayBan定番のブロウラインモデル "CLUBMASTER" (クラブマスター)。
こちらは、1980年代のBausch&Lomb製 (Made in U.S.A.) になります。

現行のRayBanの生産ラインはイタリアのため、アメリカメイドのBausch&Lomb製RayBanは希少です。

現行のイタリア製のクラブマスターと比べると、微妙にマユ部分 (ブロウ) の太さが異なります。また、ボシュロム製 (アメリカ製) のクラブマスターの方がブロウの角度が直線に近い角ばった印象で、現行のイタリア製の方がブロウが微妙に曲線しております。

現行のイタリア製クラブマスターとビンテージのアメリカ製クラブマスターは、少しのシェイプの違いですが、アメリカ製の方がどこか男くさく武骨な印象を受けます。

コンディションはデッドのような素晴らしいミントコンディションです。
レンズも当時のオリジナルBausch&Lomb製になり、レンズ両サイドに"BL"の砂打ちが入っております。



【サイズに関して】
眼鏡のサイズというとピンとこない方がいると思いますが、欧米人とアジア人では男性の標準サイズというのは規定が違います。一般的な日本人サイズは48(レンズ幅mm)-ブリッジ幅(鼻幅mm)。鼻幅は人によって違いますが20から24が主流。

欧米の男性標準サイズ規定は小さいので、こうしたアメリカのヴィンテージ物の眼鏡は42mmや44mm、46mmといった日本人男性には小さいものがほとんど。

そうした中で48mmや50mmといった日本人向けのゴールデンサイズが出でくることはめったにないのですが、当店で扱うヴィンテージ眼鏡のそのほとんどが48mm以上。サイズに関してはどの方も満足していただけるように希少なゴールデンサイズを揃えております。



【コンディション】
A : とても綺麗なミントコンディションになります。(ケース付き)



« VINTAGE CONDITION RANK »
S : デッドストック-新品
A : 年代を感じさせない綺麗なヴィンテージ品
B : 年代を感じさせる傷・汚れが多少あるが目立たないヴィンテージ品
C : ヴィンテージ品特有の傷・汚れがみられるが使用に問題のない商品
D : 傷・汚れのひどいヴィンテージ品